女性

ヒアルロン酸で若返る|美しさを保つ秘訣公開

カッコいいお尻にするには

カウンセリング

豊尻手術

欧米人のお尻は桃型であるのに対し、日本人のお尻はカボチャ型になっていると言われることが多いです。わかりやすく言うと、ゴツゴツとした四角ばったお尻になっているということなのですが、あまり魅力的に見えないのは確かです。人種によって骨格の形状や筋肉のつき方に差がありますから、致し方ない部分があるのは事実です。しかし、ヒップの丸みが不足しているため、全体的に扁平なボディラインになってしまいます。女性らしい豊満なボディラインになりたいと望んでいる人は、ヒップの丸みを補う豊尻手術を受けるようにするとよいです。日本人のお尻は上部の筋肉が発達していないため、お尻の下の方にばかり脂肪がついてしまいます。横から見るとお尻がペタンコになっていますから、お世辞にも魅力的とは言えません。また、お尻が垂れ下がり気味になっているせいで、脚が短く見えてしまいます。でも、豊尻手術を受けてお尻の上部に適度な膨らみを補ってやれば、お尻の位置が高くなって、脚が長く見えるようになります。おまけに、メリハリの効いた美しいボディラインになることができるため、自分の立ち姿に自信が持てるようになります。

手術方法

豊尻手術には、お尻にプロテーゼバッグを挿入する方法、ヒアルロン酸を注入する方法、自分の体から採取した脂肪を注入する方法などがあります。この中で一番気軽に利用できるのは、ヒアルロン酸を注入する方法です。ヒアルロン酸注射をお尻に打つだけという手軽な方法であるため、実際に多くの人がこの方法で豊尻手術を受けています。たとえばお尻にプロテーゼバッグを挿入する豊尻手術を受けた場合ですと、挿入したプロテーゼバッグの周りに皮膜拘縮が起こってしまわないようにするために、術後しばらくの間はマッサージを行う必要があります。また、傷が完全に癒えるまでは仰向けで寝ることができません。状態が落ち着いた後も、衝撃によってプロテーゼバッグを破損させてしまわないように注意する必要があります。一方、脂肪注入法による手術を受けた場合は、脂肪吸引を行った部位の回復に努める必要があります。また、どの程度の脂肪が生着するかを観察し続ける必要もあります。しかし、ヒアルロン酸注入法による手術を受けた場合は、そのような手間が一切かかりません。手術を受けた直後から普段通りに生活することができるので、忙しい人でも治療を受けることができます。